松永氏がらみ、雑感2006年03月22日 13時30分02秒

こうやって文章を書くこと自体がそもそもおこがましいのでありますが。。。

絵文禄ことのはの松永氏が、元オウム信者で河上イチロー名で文筆活動していた経歴をカミングアウトしたっちゅーか暴露されて認めた件。周囲が騒ぎすぎなのはいつも通りだね。ビバ日本、村社会。

多くの日本人は、オウムっつーか現アーレフをテロ組織だと認識している。

多くの朝鮮人は、日本って国を侵略国家だと認識している。

「謝罪ニダ賠償シル」を腹のそこから笑う右向きブロガーが、オウムからの偽装脱会をしたゆえ「元オウム」との主張は信用ならん!などと松永氏に対して必要以上に反発しまくる矛盾。

対して、「生活を守るため、文筆業を続けるため」にオウムであったことを浸隠しにしてきた松永氏は、関係者への不当なバッシングによって自分以外の人に迷惑が降りかかったりして、行動・言動に焦りを見せているというか、頭に血が上りすぎているというか。わざわざこんなもんまで作っちゃうし。別にそんなもん、誰も望んどらんがな。もちろん、当人がカミングアウトしちゃった以上、書かないと気が済まないということなのだろうと思うし、書くことによって誰かに迷惑が及ぶわけでもないんであれば、まぁ、勝手に書けば? って感じではあるのですが。

んで、何が「普通の感覚」か、なんてのは、おいらとしては正直どっちでもいいのですが、今回の一件について、松永氏本人の行動・言動を冷静に直視・観察できないまま、「オウム」って名前だけにギュンギュン反応して拒絶反応示しちゃうタイプの人は、はっきりいって危険だと思う。1に肩書き2に経歴、3、4がなくて、5に印象、なんて基準でしか人を見れない人は、騙されるときは簡単にだまされるし、周囲がバッシングをはじめれば簡単に乗せられて、傷つけなくてもいい人を傷つけてしまったりする。おいらとしては、そういう人とこそ、できればお付き合いにはなりたくないなと思うわけで。

とりあえず、松永氏が今回の件について、ブログや、氏の書籍などを読み、共感を寄せていた方々に対して、誠意を持って説明責任を果たそうとしているのかどうかは、現時点ではまだまだ全然わからない。だから疑うべきところは指摘してもいいと思う。でも、そこから勝手な妄想を広げてあること無いこと書き散らかして、印象操作で周囲の共感引き寄せてバッシングを煽るようなやり方はやめようよ。はっきりいって見苦しいよ。

つい先日まで、旦那にあること無いこと書きたてられつづけて苦悩しつづけてきた人を、割と近い場所で見つづけてきたおいらの雑感。

# どこに tb 飛ばしたらいいのかよーわからんので、とりあえずインフォーマル3/22 時点最新記事と、今んところそれなりに共感が持てる記事書いてる徳保さんとこに送ってみますた。。。