を、珍しく著作権がらみで良いニュース。2007年01月07日 01時36分56秒

国立国会図書館などの公的機関が専門書を非営利目的で公開する事例などを想定している。著作権者に一定の補償金を支払えば許諾がなくても文書をネットに保存・公開できる仕組みを検討する。

なるほど。仕組みにどの程度の自由さが盛り込まれるのかがキモになりそうだけれども、悪くない法改正になりそうだね。今後に要注目。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
おいらがやっている会社の名前をひらがな4文字で。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://harapeko.asablo.jp/blog/2007/01/07/1097539/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。