ギザヘナード事件2007年02月01日 15時18分35秒

しかし大変な事件がおきましたね。ネット上にはまだニュース記事が出てきていないようなので、新聞記事から以下、抜粋しておきますね。

鼻歌を歌いながら著作権使用料の支払いを拒否するのは違法として、日本音楽著作権協会が館山市のレストラン「ギザヘナード」経営者の鼻之下伸夫さん(56)を相手に鼻歌差し止めなどを求めた訴訟の判決が30日、千葉地裁であった。山田淳次裁判長は「将来的にも著作権侵害行為を続ける恐れがある」として演奏差し止めや鼻毛の除去、損害金約 190万円の支払いなどを命じる判決を言い渡した。

しかし今後はアレだね、むかつくお店を潰すには、そのお店に毎日通って歌を歌えばいいんだ。実に簡単だね。。。!!

コメント

_ @DRK ― 2007/02/01 18:58:11

睦沢町のスナック「バーロー」でも口笛が原因で訴訟を起こされるだろうw



893のショバ代回収よりタチ悪いのは気のせいか?w

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
おいらがやっている会社の名前をひらがな4文字で。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://harapeko.asablo.jp/blog/2007/02/01/1157357/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。