Vista 推奨スペック2007年02月08日 14時29分48秒

超~参考になります。いや、まだ当分は買わないけど<Vista。

●アップグレード版を利用した新規インストールを行なう抜け道

まぁ、DSP 版のほうが安いし、別にいいんだけど。でも体験版インストールってのは面白いかもね。

何よりも、まずはメモリが少ないと、Windows Vistaはずっとスワップしっぱなしで快適に利用することができない。Windows Vistaでは従来のXPに比べて初期状態でロードされている機能なども増えており、それらがメインメモリを圧迫することになる。そうしたことを勘案すると、1GBでは十分ではなく最低でも2GBにしておきたい。

強調は T.MURACHI による。おいおい初期ロードライブラリだけで 1GB 前後まで逝っちゃうのかよ (;´Д`)。

そのうち「初期ロードから外してもよさげな機能一覧」とか出回ったりするんだろうなぁ。。。w

Windows Vistaでは、GDIの描画はすべてソフトウェアベース、つまりCPU側で行なわれる。つまり、GPUが持つレガシーの2Dアクセラレーション機能は利用されない。このため、CPUの速度があまり十分ではない場合、2D描画もあまり高速ではない場合がある。とはいえ、今のCPUであれば処理能力が十分あるため体感するほど遅いというわけではないが、それでもベンチマークをとればGDIのハードウェアアクセラレーションが効いているWindows XPに比べて遅くなるだろう。

だが、Windows Aeroを有効にした場合、2Dも含めて描画はDirectX経由で行なわれるため、GPUのハードウェアの描画が可能になる。このため、描画性能さえあればWindows Aeroを有効にした方が明らかに上になるのだ(実際に体感できるだろう)。以上のような理由から、可能であればWindows Aeroを有効にした方がよいのだ。

Σ(;゚Д゚)GDI アクセラレーション使われなくなっちゃうのかーっ!!! だとすれば確かに Home Basic 版はオススメできねぇ(;´Д`)ァゥァゥ。

こうした条件を満たすGPUがPCに搭載されている必要がある。単体GPUでいえば、DirectX 9に対応したGPUということになるので、AMDで言えばRadeon 9500以上、NVIDIAで言えばGeForce FXシリーズ以降ということになる。

これ以下に示される表がまぢ参考になる。つか、単体のグラフィックカードを積んだ自作機とかなら数年前ぐらいに作ったマシンでもとりあえず大体大丈夫そうだわね。マザボ統合型でも今出回っているものであればわりと大丈夫そう。

。。。と思ったら、

こうしたことからもわかるように、表6~8にあげられた統合型GPUを内蔵したチップセットを利用していても、メインメモリがシングルチャネルで動作していたりなど、メモリの帯域幅が十分ではない場合にはWindows Aeroで動作しない場合があるので、どうしても統合型GPUで使いたいと考えている場合には、できるだけ高速なメモリを利用し、かつデュアルチャネルで利用することを前提にした方がいいだろう。

だって。なんだかいろいろとめんどくさいんじゃのう。

しかしメモリー 2GB が最低要件ってのは、痛いなぁ。やっぱり時代は 64bits なのかなぁ。でも Windows で 64bits の恩恵っていまいち感じられないんだよなぁ。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
おいらがやっている会社の名前をひらがな4文字で。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://harapeko.asablo.jp/blog/2007/02/08/1171572/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。