少子化の何がまずいの? その22007年02月09日 09時56分00秒

前回の続き。って訳でも無いんだけど、64bit たんがスラド日記で面白いこと書いてたのでちょっと引用。つか、その発想は無かったわ。

5年後のことを考えてみよう.15歳だった122万人は有権者となる.一方,56歳だった230万人は第2の人生を満喫しているだろう.その差は1.89である.若年がいくら票を投じても,それが反映されないことになりかねない.極端な話,日本を支えているのは労働者世代である.最も働き盛りの年代の意見が,政治に反映されないことが起こりえるのである.

これを解決するには,年齢別に重みを算出して1票の価値を平等にすることである.可能であれば,(選挙であれば)選挙区ごとに重み計算をするなどの柔軟性が必要だろう.

地域間の格差なんてのはよく言われることだけれども、世代間の格差ってのは、確かに単純に国政であることを考慮すればよっぽど地域間の格差よりも重要視すべき問題かもしれない。単純に人数が多いほうを重視しようという問題でもなくて、労働者世代が少数派になるという点もまた重要になってくる。

しかしどうなんだろう? そもそも選挙ってのは所詮は数のゲームだっていう面もあって (っていうかそういう面のほうが強いか)、特定の立場の人が多い選挙区においてはその立場の人に贔屓した政策を打ち出したほうが有利になりがちだったりする。でもその立場ってのは必ずしも年齢に限ったことではなくて、職業分布や家族構成などによっても変わってきたりする。ホワイトカラーエグゼンプションなんかは事務職系サラリーマンには関心事だけど、工業、商業、土木業、農林水産業等々に従事する方々には決して関心事ではなかったりする。

で、それらの格差は地方自治に関しては気にする必要は無いどころかむしろ反映されて然るべきなんだけれども、国政においてはどうしてもマスコミにおける報じられ方に左右する部分が大きすぎるって状態になっちゃってる。著作権界隈なんてネット上で議論されてるほど一般に関心が寄せられてるとはどうしても思えないし。

だから年齢格差による票差を補正するっていう案は面白いとは思うんだけど、個人的には民意の反映を選挙に依存しすぎちゃっていること自体に問題があるような気がしてたりする。本当は選挙において投票者が重視すべきは、政策内容や実現しようとする事柄そのものではなくて、議会に参加する代表者としての資質なんじゃないかと思う。そして、実際に話し合われる内容、すなわち議題や法案に対しては、民衆がもっと柔軟にコミットしやすく、また民意の反映もされやすいシステムに切り替えていく必要があるんじゃないかと思う。

せっかくネットワーク環境が構築されて、技術的にはそれがやりやすい状況が整ってきていると言うのに、民政がそれに即して変わってゆけないのであれば、これほどもったいないことはない。

憲法改正に関していえば、改正されるのは一つだけ (例えば九条だけ) ってわけでもないだろうし、それらを全部いっぺんに書き換えた上で国民投票、ってことになるんであれば、例え書き換えた内容が妥当であってもおいらは投票に参加したくないな。年齢格差以前の問題として。