えんやす2007年02月28日 07時56分11秒

繰り返すと、円高・円安は相対的な価値観であって、軸足をどこに置くかによって、その見え方は180度変わってしまう。だが、日本の競争力は、途切れることのない生産性の向上努力と賃金の抑制によって得たものであり、断じて「円安誘導」によって手にしたものではない。そして日本人は、「失われた10年」という形で、既に今日手にした競争力の代償は、いやというほど払わされている。

その不当な「賃金の抑制」が結果として「円安誘導」を招いた、っていう話なんじゃないの? だったら賃金上げればいいじゃん。あるいは労働者が自分らの賃金を上げるよう努力すべきなんじゃね?

政策としては、最低賃金の底上げが有効なようにも思うが。。。

コメント

_ @DRK ― 2007/02/28 09:05:46

働く方が貧乏な事もあるぐらいだしねぇ。
中には生活保護給付下げようぜ、とか言う人もいるけどそれはそれで問題だし。
上の連中がちょっと空気を読めば改善の方向に向かうと思うのだが、それも無理な話か。
となると労働運動になるのだが、労組もまた怪しげな団体さんの巣窟になっちゃうし・・・

労働者の美徳と言うのは経営者が勝手に言っていることなんだなー、と改めて思っちゃうわな。

_ なす ― 2007/02/28 11:52:23

えんやす、って見て、円楽を思い浮かべたw
引退しちゃったなぁ。。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
おいらがやっている会社の名前をひらがな4文字で。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://harapeko.asablo.jp/blog/2007/02/28/1214797/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。