始めてみようプログラミング - その12008年07月16日 08時52分53秒

amachang が悪戦苦闘しているのを見て面白そうだったので、真似してみる。とりあえず、言語がどうとか言うのは意識せずに、小学生とか相手にプログラミングたいけ~んみたいなノリで書いてみようかな。

コンピュータを知ろう

コンピュータは、いろんな機械にくっついて、その機械を動かすことができます。洗濯機にも、湯沸かしポットにも、テレビやビデオデッキやケータイや iPod にも、コンピュータがくっついています。

コンピュータを使うのは、人がその機械を直接使うよりも、使い方をコンピュータに教えて、お仕事をまかせてしまった方が、楽ちんだからです。スイッチひとつで洗濯から脱水、乾燥まで全部やってくれる洗濯機ですが、コンピュータが使われる前までは、自分で洗剤の量を量り、自分で水の量を量り、洗う時間はタイマーで計り、水を何回か入れ替えながらすすぎをし、脱水機に手で入れ替え、脱水時間もタイマーで計り、ちゃんと絞り切れたのを確認してから干す、ということを全部お母さんが手でやっていたんです。昔のお母さんは偉大ですね! 今のお母さんも十分偉大ですけどね!!

パソコン (パーソナルコンピュータ) には、大きなテレビ画面 (ディスプレイ) やスピーカー、キーボードにマウス、それからプリンターやスキャナー、電子楽器など、いろんな物をくっつけることができます。洗濯機にくっついているコンピュータは、洗濯機を動かすことしかできませんが、パソコンには、いろんな物をくっつけて、いろんな事をさせることができるのです。

さらに、パソコンはネットワークにつながることができます。ネットワークには世界中のパソコンや、サーバーと呼ばれるネットワーク専用のコンピュータがつながっていて、インターネットと呼ばれる世界を作り出しています。ネットワークを介して、お友達にメールを送ったり、サーバーに日記などの情報を置いて、ホームページやブログを開くこともできるのです。みんなの大好きなモバゲーも、もとはパソコンを使って作られているんですよ。

プログラミングってなんだ?

洗濯機にくっついているコンピュータは、洗濯機の動かしかたを知っています。では、洗濯機の動かしかたをコンピュータに教えたのは、誰でしょう? それは、その洗濯機にコンピュータをくっつけた、洗濯機工場のおじさんです。(嘘ですw 本当は工場の人じゃなくて、ビルで働いているおじさんですw)

じゃあ、そのおじさんは、洗濯機のコンピュータに、どうやって洗濯機の動かしかたを教えたのでしょうか?

実は、それこそが、プログラミングと呼ばれるお仕事なのです。人は、プログラミングを行うことによって、コンピュータに、機械の動かしかたを教えることができるんです。

では、プログラミングとは、いったいどんなことをやるのでしょうか?

(...たぶんつづく)