文句は誰に届くのか2008年09月02日 04時16分51秒

1つだけ。「文句」という言葉の取り扱いについて気になりました。

文句を言っている人は、多くの場合、「文句は言う、でもやるんだよ」のはずです。また、やってない人に対するアドバイスは、「文句は認める、でもやろうよ」なはずです。文句そのものが認められないなら、その内容について話をすることになりますが。しかし、guri_2氏は「そんな暇があったら」、「ビタ一文意味がない」と貶める、それ自体を無駄・無意味と規定するわけです。内容ではなく、「文句を言う」それ自体が無駄・無意味なわけです。

どうも、彼において「文句をいう」ことは「行動しない」といういことと強固に結びついているようです。むしろ、「文句をいう」からこそ「行動する」、できるようになった、というようなこともあると思うのですが。理不尽に立ち向かう勇気は、しばしば、理不尽を理不尽であると認めてもらえることによって奮い立つものです。そういうことがスッポリと抜け落ちているようです。

id:mojimoji さめの場合、当事者の文句が誰かの耳に入り、それに対して何らかの応答が得られる可能性が期待できる状況を想定しているのに対し、

先ほど書いたように、自分は別に文句を言ってもいいと思ってます。でも、文句を言うだけで解決することはマレです。というか、まず無いです。やっぱり何らかの行動が必要になります(他人に訴え、他人に解決してもらうといったものも含めて)。結果的に、行動を起こさないと文句の元は解決せず、状況は変わらず、同じように文句を言い続けることになります。「だったら、とっとと片付けて不満の元を取り除いた方がいいよね」「それなら文句を言ってないで行動を起こした方がいいよね」と考えています。なので精神論的なものより、どちらかというと合理的な判断から来る考えだと思っています。

id:guri_2 さめが言うところの「文句」というのは、基本的に誰の耳にも入らないか、入っても心に響かない、それに対する何らの応答も期待できないものだという前提があるように思います。

実際のところ、わざと他人に聞こえるように声に出して愚痴を言える人というのはいます (何とここにもいます!! w)。そういう人って言うのは実はコミュニケーション強者であり、例えばそうやって職場の同僚の同意を得ることによって、自身のわだかまりを解消し、精神的に楽になるという知恵を身につけているわけです。こういう手合いは職人気質の人間に多いですw。

もう一つの可能性として、「文句」がネガティブな感情の押し付け合いにしかならず、文句を言い合う形態のコミュニケーションに生産的な意味を見いだせていない可能性もあります。これについては、どちらの可能性もあります。つまり、「文句」の言い合いが展開されることによって、グループの「仕事」に対する士気が上昇する場合も、低下し作業が停滞する場合もあります。この辺については、以下の記述から読み取れるように、 id:guri_2 さめも感覚的には気がついているのではないかと思います。

矛盾しているように思われるかもしれないですが、自分の中では「タイミング」によってきっちり分かれていることだったりします。「タイミング」は、バイオリズムのようなものを想像してもらえるといいかもしれません。相手が上り調子のときは、「文句言うなら行動しろ」だし、不調なときには「グチっちゃいなよ」になります。

このタイミングってのは結構重要で、例えば朝の定例ミーティング時に、先日の取引先との会議によって決まった仕様変更の話をリーダーから説明されたとします。そしてその日一日の大半が仕様変更に伴う追加の作業に費やされることとなったとしましょう。あなたはこうした決定に関する文句を、朝のミーティング時と昼の昼食時、そして夜に仕事が明けてみんなで飲みに行くときの 3つのタイミングのいずれかでぶちまけるチャンスがあるとしましょう。さて、最も適したタイミングはどれでしょう?

実はこれ、答えは一つではなくて、状況や文句の質に応じて適切なタイミングは異なるのです。愚痴の類なら夜の酒席で酒と一緒に流してしまうのが最適です。勢いに任せてテクニカルな話題につないじゃってもいいでしょう、よりいっそう酒がうまくなります。

でもそうではなくて、現実的な話としてその対応を含めることになれば、契約通りの期間内には仕事が完了しなくなると言うことが事前にある程度判明する場合もあります。もちろん、そうした適切な仕事量や期間の調整はリーダーが取引先との会議に際してきっちり詰めるのが理想ですが、現場の人間の感触を確かめないことには何とも言えないケースもあれば、持ち帰って相談という形式を取らなければ顧客が納得しないという政治的なケースもあるでしょう。そうした場合に「無理なもんは無理だ」という適切な返答を返し、再度調整を試みるのは必要なことです。

で、問題はこうした現場における「必要な進言、または取引」のことも含めて「文句」という言葉で捉えているか否か、なのです。少なくとも、「1ヶ月だけ~」や「要は、勇気が~」なんかを書いていた当初の id:guri_2 さめは、「文句」という言葉にそこまでの意味を含めてはいなかったのだと思うのです。つまり、利害の対立する相手にコミュニケーションを図ることは、「文句」という言葉に対する対義語としての、「行動」に属する行為である、と捉えていらっさったのではないかと。

いずれにせよ、 id:guri_2 さめのこれまでの文章を読み込む上に置いては、「文句」という言葉と「行動」という言葉の取り扱いに十分注意する必要があると思います。「文句だって行動の内じゃないか」という意識で読んでしまうと、いろいろと悲しい誤解を招いてしまいそうです。

やじうま的人権論議所感2008年09月17日 08時12分23秒

ホームレス支援に絡む人権論議で面白い議論があったので紹介。

話の流れとしてはこんな感じ。

  1. それ以前に、「そもそも (ホームレスに、あるいはそれに限らず) 人権なんて (概念、思想として、あるいは現実的、運用において) 存在するのか?」という論がぽろぽろ噴出していた。
  2. hokusyu さめ: 「すべての人に (当然ホームレスにも) 人権は自明なのだから、ホームレス支援も自明」
  3. inumash さめ: 「人権が自明だと理解していない人には自明だと断じるだけでなく、人権思想の意味や歴史背景を説明すべきでは?」
  4. hokusyu さめ: 「意味を論じることに応じれば自明性を揺さぶられ、時間稼ぎに乗せられるだけ。自明だと言い張り続けることこそ重要」 ←今ココ!

おいらは inumash さめの意見は教育のお話だと理解した。つまり、現実問題として「人権」という概念が、義務教育課程においても公民の授業で取り扱われているにも関わらず、文化としては未だにちっとも浸透していないという現実がある。現状、ホームレスにおかゆの炊き出しをして食いつなぐことを支える行為は、糞害をもたらす鳩に餌をやるのと同等の迷惑行為として捉える方々が少なくない (人によっては鳩の方がかわいいからむしろ炊き出しのおかゆは鳩に食わせてやれっていう人もいるかも)。で、そういう考えを持っている方々でも、一方では「人権」という言葉を理解しているつもりだったりする。

「すべての人に人権が保障されているわけではない」とか、「そもそも人権なんてものは自明ではない」とか言えちゃう人がいるって言うのは、これはどういう事かと言えば、人権という言葉の意味を正しく理解していないと言うことで、すなわち言葉を辞書に書かれている意味通りに使えていないということ。よく、どんな言葉であっても、「私は○○という言葉は××な△△という意味で使っています」とかって宣言する人がいるけど、まさにそういう行為そのものなんだよね。本当はその言葉にそんな意味はないのに、その程度の意味の改変は許されると思っている。そういうことをしょっちゅうやっちゃう人ってのもいるし、場合によってはやりたくなっちゃうケースってのも確かにある (おいらにもある、って言うか割とよくやってた気もするw)。

おいらがいわゆる「便利な言葉」 (意味を曖昧にさせることによってどんな場面にもいくらでも便利に使えちゃう言葉。「うざい」とか「フツー」とか) に神経を尖らせる理由の一つがここにあって、よく、言葉の歴史は意味の変遷の歴史だとかって言う人がいて、それはひとえに事実なんだろうけど、でもその事実を根拠にそうした言葉の使い方を無碍に許容するばかりでは、「思考」も「議論」も、はたまたまともなコミュニケーションでさえ、成り立たなくなってしまうんじゃないかという危惧がある。今回のケースはまさにそれで、「人権」って言葉の意味論をこねくり回し続けるだけでは、きっと実運用としてのホームレス支援については、議論は一歩も進まないだろうね。これは、むしろホームレス支援をやりたくない人たちにこそ、実害は大きくなるんじゃないかな。大抵の場合、どう転んだって誰かが何らかの形でやらなきゃならないことこそ、後回しにすれば後回しにするほど、そこに手をつけなきゃならないリソースは、人的にも金銭的にも膨らむばかりだよ。だだ捏ねて邪魔をすればするほど、我が身に降りかかる可能性は膨らむばかりだ。

というわけで、薄情で面倒くさがりなやじうまのおいらとしては、ホームレス救済支援が政策として一歩でも二歩でも先に進んでくれることを切に願う。そのためには、 inumash さめ的な深い議論は頭の柔らかいお子様向けに公民の授業に取り入れられることを期待するにとどめ、分からず屋の幼稚な大人向けには hokusyu さめ的な「自明なものは自明なんだ」の一点張りで突き進む、というのを支持することにします。

まぁ、貧困問題ってのはいつ我が身に降りかかるかも分からない問題なわけだから、そこから救済される社会システムがより公正に構築されるっていうんであれば、おいらとしては支持したいけどね。税金の使い道としても、プライオリティ高めで。個人的には、このプライオリティは 1 に教育、 2 に研究、 3、4 がなくて、 5 に福祉だと思ってるけど、うわぁ、どれも実際は…。