たかだか事務処理の不便の話を一般化したところで詮無き話2008年12月17日 09時34分52秒

後者は前者の記事に対する文化面での反論として秀逸だと思ったんだけど、その割にあんまり注目されてないっぽいのでリンクしてみた。

でもこれって、所詮は事務処理の不便にまつわる話でしかないのよね。だから池田氏もわざわざガラパゴスや北朝鮮を蔑視するような書き方しなくても、「事務処理上不便なのでそういうシーンではサイン・西暦・横書きで統一しましょうよ」、でとどめときゃよかったんじゃないの? とか思った。

一プログラマーとしても、そういう意味ではありがたい提言なのよ。サインならタブレットで可能だし (電子印鑑ってあるけど単なるビットマップだし…って最近のはそうでもないのか?)、西暦で統一されれば時刻管理は確かに楽だし (っていうか年号変わるたびにプログラム作り直しとかまぢあり得ねーし)、そして縦スクロール UI にマウスまでもが特化されちゃった状況で縦書き文章は扱いづらいし。

でもこれらってあくまで事務処理に限ったお話であるべきで、事務処理の都合のために文化まで捨ててしまえ、というお話になるべきではない。歳とるとその辺面倒なのでひっくるめてしまいがちなんだけど、周囲も周囲でその辺汲んで話し合わせてあげればいいのにwとは思う。

まぁその割には週アスだのだいもやんどだのの紙メディアが引き合いに出されるのは意味不明だし、掲載前の契約締結 (金銭面的なことを考えればとても親切な対応) を「失礼」だと斬って捨てるのはもっと意味不明だけんども。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
おいらがやっている会社の名前をひらがな4文字で。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://harapeko.asablo.jp/blog/2008/12/17/4012427/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。